2018年にプレイしたゲームに関する雑感

プレイの度合い順に書いていく。古いゲームをセールで買っていることが多いのであまり目新しさはないかもしれない。

トロコン

TES V: Skyrim

基本的にトロコンを意識するのはだるいと思っているのでやらないんだけど、4キャラ作って700時間以上やってたら自然とトロコンが見えてきたので一応消化。トロコンが見えてきてしまったのでMod入れていない。しばらくしたらMod遊びをしたい。

クリア

どのような形であれクリアしたもの。

Tom Clancy'w Splinter Cell Blacklist

ステルスゲーム。少し古いゲームなのでオンラインに人がいないのが不満ではあるが、一応最高難易度でメイン及びチャーリーミッション(とにかくむずい)とブリッグズミッション(フレンドかオンラインマッチング必須)以外のサブミッションをクリアするぐらいにはやりこんだ。

アサシンクリードオリジンズ

ステルス暗殺アクション。これもだいぶやりこんだと思う。レベルがカンストしたデータで強くてニューゲームをやると最高難易度でもそんなにステルスしなくてもどうにかなってしまうことが判明したので、しばらく間をおいて完全ニューゲームで最高難易度の攻略をやろうと思う。

The Witcher 3

DLC込で最後までクリア。一度目のクリア後、シナリオ分岐情報を調べてもう一回クリアした。

Dragon's Dogma: Dark Arisen

Skyrim と似たような時期に出て当時の広報が Skyrim を意識した言及を行っていたとかで評判を調べると Skyrim と比べられていたりするゲーム。でも完全に別ゲー。

アクションが非常にしっかりしており、ラスボスもちゃんとアクションとして操作すれば回復薬無しでクリアできる。あとキャラクリが非常に良い。モンハンワールドの画像が流れてくるに連れどうしてそうなったんだ......という感じがする。装備も Skyrim とかに比べてシャレオツに組みやすい。リプレイ性という点に関しては(3周くらいして)もうやり尽くしたかなと言う感じがして多分もうやらない。

Mark of Ninja

2D ステルス。それなりに楽しかった以外の感想は特にない。

NieR:Automata

ポストアポカリプス的雰囲気のあるヴィジュアルと音楽がとても良い。一方でカメラワークやゲームジャンルの混在に関する問題があった。前者はおそらくプラチナゲームズの問題であり後者はプロデューサーのゲーム観の問題であろうと思う。雰囲気を取り払った上でやりたいかというと、うーんとなる。

Dishonored

Bethesda 製のステルス暗殺アクション。と言っても殺しすぎるとバッドエンドになる。一周目バッドエンドになってしまって、二週目難易度を下げて不殺プレイをしてグッドエンドを見ることができた。あとはチャレンジとして難易度を上げながら不殺や見つからないプレイをできるか試していきたい。

プレイ中

Bladed Fury

程よい難易度のアクションゲーム。中国の戦国時代を舞台として史実とフィクションを織り交ぜたシナリオ。程よい難易度でやりごたえがある。

Titan Souls

ドット絵シューティングアクション。小さな部屋でその部屋を守る敵と1対1。ライフも敵・PC共通で1。つまり一発当てれば勝つし、一発当てられれば死ぬ。基本的には相手の行動パターンを学習してその一発を当てるスキを作るというものなのでアクションパズルであるとも言える。とにかくプレイに集中力がいるので週末に気が向いたらやるという感じ。

Life is Strange

初ウォーキングシミュレーター。ノベルゲームは文章量あたりのユーザーの自由な選択の割合が小さいので進める気にならない。ウォーキングシミュレーターは結局ある目的地に行くということが決まっているのだとしても寄り道したり視線の向きを変えたりできるのでまだシナリオを飲み込まされている感が少ない。今のところ続けるモチベーションはある。

Tom Clancy's Splinter Cell Conviction

それなりに進めてみているのだけど、ブラックリストゲームパッドの割当がぜんぜん違うので、スプリンターセルのやり残しが終わるまでは頻度控えめ。

ちょっとだけ触って積み

ほぼシナリオを忘れないうちに続きをやらねばならないゲームを優先させるために積んでいるゲーム達。

Undertale

初めの戦闘でどうすればキル回避できるかわからずキルしてしまったのでしばらく周辺情報を集めてニューゲームしたい。

プレイほぼ挫折

Mighty No. 9

ラスボスまでは行けたが、ラスボス倒せない理由が連打力なのかなーみたいな感じでよくわからないので放置してる。

Mad Max Retail LV

あの映画のマッドマックスのゲーム。格闘はヌルめ爽快感があるけど車の運転が難しく何度チャレンジしてもクリアできない感じがしたのでやっていない。

Fallout 4

ラッドローチに狂乱して銃を撃ちすぎて序盤から弾がなくにっちもさっちも行かなくなったが、ニューゲームしてラッドローチに再び向き合う気力もないので多分やらない。

Hellblade: Senua's

雰囲気が重厚なのがいい。バトルもアクション要素のあるゲームに慣れていれば簡単な割にエフェクトがかっこいいので良い。しかし道中の謎解きが疲れ目になりやすい人間にはとても苛立たしいもので、意図的に暗めに設定されているゲーム世界で視覚パズルをやる気がなくなったので挫折。

Dark Soul II, III

The Witcher 3 の評価に「戦闘はDark Soul 系」というのがあったので購入してみた。戦略を考えるにあったてどうトライアルしたら良いのかわからず無理ゲーっぽさを感じたので挫折。初めに II をやって、III ではましになってるかもって思ってやったけど両方よくわからないのでしばらく寝かす。チュートリアルがないに等しいような気がするのだけど予めマニュアル読めば解決するような感じなのだろうか。

Near Death

南極基地で遭難したという設定のウォーキングシミュレーター寄りのサバイアバルゲーム。よりもいバーチャル聖地巡礼枠で購入。日本語化Modなし。というわけで英語でプレイしている。しかし本作品は寒さで体力が削られるという設定なのであんまり英文を読むのに時間をかけていられない。もっと英語力が上がるまでPEND。

Beyonetta

NieR:Automataの開発を担当したプラチナゲームズのアクションゲーム。視線移動が意味不明。 NieR:Automata でも謎の視線固定をされることがあって「これは狭いところで不慣れなプレイヤーがわけのわからない方向を見てパニクらないようにしているのかな」って思ってたんだけど単純に技術か思想の問題であろうということがわかった。

飽きた

Recetter

レミュオールの錬金術師(フリゲ)にローグライクアクションをつけたような感じ。あまり新しさを感じなかった。

Chrono Trigger

スーファミ時代にリアルタイムでやらなかったのでやってみたけど、操作感が微妙なのと、セーブのタイミングが自由でないのがいかにも昔のゲームと言う感じで今やる気分ではないかなと。

AER

飛び続けるモチベーションを失った。

Far Cry 3, アサクリ 4BF, シンジケート

アサシンクリードオリジンズがあまりにも面白かったので過去作をほっていった結果。 高いところに登ってマップを開放し、発見した敵の拠点にスニークで近づき制圧する。全部やってることは同じではないかと思うと白けてきた。あとBFはパイレーツクリードだしシンジケートはギャングスタクリードだし、忍べよという。

The Witcher 1 (Enhanced Edition), 2

3 の登場人物の過去を知りたくなったのでやってみたけ3に比べるといろいろとプレイの持続を妨げる要因があり挫折。